スポンサーサイト     --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感謝をこめて…     2014.07.12
一週間がたちました。

お心遣いを寄せていただき、また、励ましていただきまして、ほんとうにありがとうございます。

あらためて、ピートの猫徳に感じ入っています。


まだ、個別の御礼をきちんとお伝えできないままの方には、ほんとうに申し訳ありません。
お心遣い、メッセージ、拝受しております。

ピートが逝ってすぐの月曜日に、仕事や動物病院に行ったり(あらためてのご挨拶や、未使用の器具返却など…)、
雑務をすませたりと慌ただしくしていたところ、いきなり眩暈におそわれました。
張っていた気が一気に緩んだのかもしれません。

毎日を丁寧に過ごしながら、ゆっくりとピート不在の日常に慣れていきたいと思います。
旅立ち     2014.07.06
昨日、2014年7月5日の23:30頃。
ピート、旅立ちました。

我が家にて彼と遊んでくださったり、また、病にあたりさまざま
お心づかいくださったみなさま。
ほんとうに本当に、ありがとうございました。

そばでずっと話しかけたり撫でたりしている間にゆっくりと
目の光が薄れていき、最期に4つ、咳をして。
そのまま、しばらくはまだ、眠っているかのようでした。

ここ2日ほどバスルームにこもっていたのが、夜にふっとリビングまで
よろめきながら出てきて、いつもの水飲み皿から水を飲んで、
少しのあいだ近くで横になって。

黄疸が出て真っ黄色な尿をそこかしこで出してしまったほかは
なにひとつ手をわずらわせることもなく──。
来てくれてから11年半。
ただただ感謝あるのみです。

ピート、ありがとう。またきっと、遊びにおいで。

兄ちゃん寝てるの? なユキ。
yukipeat.jpg
大好きな猫じゃらしと一緒に……。
lastpeat.jpg

欠かさず見舞いにいくものの、一進一退。数値は一向によくならず…。
日増しに「もう帰りたい」アピールもつよくなり、月曜日の採血を待って
結果の如何にかかわらず連れ帰りたいと思っていた。

そして昨日。
院長先生に呼ばれる。
「ちょっと厳しいかも知れないね…」

点滴を続けても、抗がん治療に耐えられるだけの体力が戻ってこないという。
肝臓の数値も悪く、貧血気味なのも変わらず。
連れ帰って、自宅での皮下注射に切り替えることとなった。

器具の扱い方、注射のしかた、気をつけなくてはならないこと。等々教わって、
実際にピートに注射も打って。

さ、帰ろう。

も少し元気だった先月のピート、伊藤さん撮影。

まずは、お帰り。
悪性リンパ腫     2014.06.22
ピートの調子がずっと低空飛行ぎみだったのだが、過去の
2度の手術や長期入院をへて大の病院嫌いになったため、
しばし様子見していたのだった。

久々に一泊で家をあけてキャットシッターさんに来ていただいたときは、それでもまだ元気だったのに、
数日後、ふいに水も食べ物も口にしなくなった。

緊急対処で夜にあいている病院に連れて行き、点滴と皮下注射を受けた。
血液検査もしていただき、問題なしと聞いてさらに2日の様子見。
食べない。飲まない。トイレだけは行く。
これはやむを得ないと、かかりつけの病院に連れて行った。

……残念ながら悪性リンパ腫が見つかった。血液の癌、だという。
とりあえず、現状の脱水症状と肝機能低下がおさまり、治療できる体調にもどるまで入院となった。

その間にいろいろ調べて、相方と話し合う。

ともかくもピートにとって、もっとも負担の少ない方法を選択できればそれでいい、と確認。

さて、これは入院の一週間前。
キャットシッター伊藤さんがとってくださったピート。痩せたけど、かわらずかわいい(親ばか御免)。


まずは、早くうちに帰れるまでに快復しとくれ。
今日のほげイチ     2014.05.05
朝からほげ~としている彼を見ると、
どうにも力が抜けて困る…

すこし目が覚めた。
毛づくろいの途中で止まった。
…なぜに?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。