FC2ブログ
スポンサーサイト     --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真夜中の異音     2011.07.16
いやはや、このところはいったい何年ぶりかってほどしたたかに
飲む男ども(みんな身内)に付き合って深夜2:00過ぎ帰宅、とか、
脱ステロイドをめざす治療中の箇所がちょいとやばめの見た目に
なって相方に心配されたり、とか、友人の力を借りて100年に1度と
いうほど徹底して掃除したり、あるいは友人宅にちょいとお邪魔したり等々、
さまざまに起伏のある日々が過ぎている。
(もちろん、そんな中でも原稿は書く)

そして、これは一昨日の深夜の話。
寝入ってしばらくして、リビング方面から異音が響いて、飛び起きた。

聞こえてくるのは、ピー、だかキーンだか、高音で耳に突き刺さる
ような音。
はじめは避難警報かと思ったのだが、それを発する携帯電話は枕元だ。
あわてて電話を握りしめたままリビングに飛んでいくと、音の元は
どうやら、テレビらしい。とにかくめいっぱいの音で鳴り続けている。

とるものもとりあえず、開けてあった窓を閉め、おろおろとコンセントを
探す。猫たちが周りで右往左往するのをかきわけながら、コンセント
どこだっけと棚からものを取り出し始めたところで、音はぴたりとやんだ。

なんだ。なんだったのだ。

不安になって、ほかに音が出そうなものがあったか確認する。
この日はなでしこJAPAN準決勝試合の日。楽しみにしていたものの、
体調もあって、録画予約だけして早寝していたのだ。

時計を見ると、2:54A.M.。
まだ録画機能も働いていないし、テレビの周囲に異様な音を発するような
機器も置いてはいない。
なにより、テレビ本体から音が出ているようにしか思えなかったのだが……。

携帯電話で、「ブラウン管テレビ 異音」といったキーワード検索を
してみると、当該メーカーの一文にいきあたった。

長年お使いのブラウン管テレビについて 安全のご確認』。

つづいて、8つの項目が並んで、「こんな症状がひとつでもあれば
ご使用を中止して」と続いている。
中に、「ジージー、パチパチなどの異常な音がする」の項目があった。

そのような生易しい音ではなく、むしろこれでもかの絶叫音で
あったのだが──、とりあえず、相談センターの番号を含むページを
画面メモに保存して、また寝ることに。
(この間、相方は寝息をたてているのだった。大丈夫かまったく)

翌朝、センターへの電話が通じる9:00A.M.に、さっそく電話を入れてみた。
このような事象があったと説明し、過去におなじ型番のテレビで
似たようなことが起こっていないか、また、対応策はあるか、の
問い合わせだ。

もろもろ調べてくださり、また、周囲の機器についての質問もあったが、
けっきょくなにも分からずじまい。
そもそもウチでは、いつも使わないときはテレビの主電源を切っているのだが、
その状態で異音が出る可能性は低いのだとか。
けっきょく「コンセントを外しておやすみいただいて、それでもそうした
音が出る場合には、テレビ本体に問題があると思われます」とのこと。
はーそうですか、わかりました、のついでに「そういえば、このテレビは
いつ作られたのでしたっけ?」と確認して、驚いた。
なんと13年前だったよ。
そんな前だったとは思いもしなかったよ。

で、SHちゃんとのメールのやりとりで、なにげなくテレビで怖い思いをした
顛末を書いたら、驚くべき返事が戻ってきた。
「なんたってほら、昨日は『オカルトの日』だから」。

おおおっ。
そうだ、すっかり忘れていた。この異音騒ぎの前日、SHちゃんちを
襲撃訪問してコゲ吉に会いに行った帰りに、彼女の運転する車に
乗せてもらったのだったが、そうだ、そのときカーナビがおもむろに
言ったのだ。
「キョウハ 『オカルトの日』 デス」。
なんだそれー、と大笑いしたまさにその深夜に、コトは起こったのだったよ。

なるほどー。と納得して(するのか)、ふと、どうしてオカルトの日なんだろ、と
調べてみたら、日本で映画『エクソシスト』が公開された日を本格的な「オカルトの
日」として定めたらしい。
そうか。うちのテレビにエクソシスト、じゃなかった、悪魔が降臨したのか!
なるほどー。(違)

そういやSHちゃんちで、さんざ新しいLED42型テレビについて質問したり、
その映りのあまりのよさ(なんかもうひとり、そこに人がいるみたいで怖かった)に
驚いたりしてきたのだった。
きっと電波でそのことが伝わって、ちょいとスネちまったんだね、うちの
テレビ。(大違)

14年目に突入するべく動きつづけるブラウン管テレビは、今日もにこにこ
働いてくれている。二度目の絶叫は、まだ、響いていない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。