FC2ブログ
スポンサーサイト     --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなこんなで     2010.10.29
まあなんとか、な日々。

そういえばこれも二カ月前の思い出だが、動物病院で
初めてピートにガチ噛みされた。
思わず、叫ぶ。猫の絶叫も重なる。

そのままなんとか治療を終えて、手を見てみたら。
4箇所ほど開いた穴から、血が垂れ落ちて、けっこうホラーぽかった。ふふ。
(ひとの血は苦手だが、じぶんの血や傷痕の観察はけっこう好き)

治療中、わたしが彼猫の頭側を支えていたために起こった事故だが、
可笑しかったのが、治療後の先生(わたしより若い女子(笑))の発言。

「ちょっと感動しました」
「は?」
「だって、噛まれても叫びながら手を離さなかったでしょう?」
「そりゃだって、手を離したら抜けちゃうじゃないですか」
(ピートの首には点滴針、尿道にカテーテルが差し込まれていたのだ)
「でも、離しちゃいますよ、ふつう」
「そうですかねえ」

どうなのだろう。
相手がピートだから、というのはおおいにあった気がする。
なにしろ、治療のたびに痛い思いをいっぱいしてるからな、ヤツは。
少しぐらい噛まれてもしょうがない。

病院のために断っておくと、このとき看護師さんは、ほかの先生と
一緒に別の患犬をおさえていた。
しかも、入院を含む数年の付き合いの間、ピートは威嚇こそ激しいものの、
どんな相手をも噛んだことは一度もなく。
先生もこちらも、油断していたのだ。
動物相手に、油断(と慢心)は大敵。というよい教訓である。

さいわい、場所が病院なので、すぐに簡易治療を施してもらった。
二日ほどは痛んだが、腫れるまでは至らず。

帰宅後、尋常じゃなく甘えかかるピート。
はいはい、こわかったねー。(やや棒読み)

08002.jpg 四角い場所が好きなオトコ

そうだ。念のため、作業用の厚手の革手袋を買っとこう。
あれなら噛まれても大丈夫だろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。