スポンサーサイト     --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
苦闘 3時間     2011.08.28
さて、前々回の記事で触れたとおり、とうとう禁断のパソコン
筐体分解に挑んだわたくし。

心の底では、人間が作ったものなのだし、まさか壊れもすまいよと
びみょうに高をくくりつつ、いっぽうでそうはいっても不器用な
この手が、どんなミスをしでかすかもしれないとの不安もあり。

とにかく、このままの状態では埒が明かない、どうしようも
なくなったらノートPCをメインに据えればよいだけのことだと、
あらためて心を決めて臨んでみた。

とりあえず、底板を外すまでは問題なし。というのも、何年か前に
底板を外して、メモリを自前で増設したこともあり。
そういう手間は意外に惜しまなかったりするのである。

さて、つづいてサイドカバー。
ええっと、ああ、この2カ所の突起をドライバーでちょいと
持ち上げて、こう、あれ? なんか引っかかって──。

めき。

音とともに、あっけなく突起は割れた。さすがに小さく悲鳴をあげる。
これってこれって、後で面倒なことになるのではあるまいか。
一瞬、おろおろとする。
だが。
いったん割ってしまうと、これで案外、腹が据わった。
どうであれ、すべてのカバーを外さなければ、マザーボードに
辿りつけはしないのだ。

8年と5カ月、一度も開けられることのなかったカバーはなかなかに
手ごわかったが、なんとか両サイドとも外せた。
この時点で、手元には割れた突起が2本。

つづいて、天板だ。
参考サイトからプリントアウトした写真によれば、天板の突起は
一箇所のはず。……が、これがひじょうに分かりづらい。
しかも、押してもひいても、がんとして動かず、ほんとうに
その突起に意味があるかも不明である。
いっそ、天板をつけたままでどうにかできまいか、と思ったが、
それでは後でDVDドライブを外すことができないらしい。

この時点で正直、やめようかな、と思った。

しかし、せっかく買ってきたリチウム電池238円也が、ぴかぴかと
光って取り付けられるのを待っている。
第一、こんな機会もそうあることではなし、チャレンジせずに
投げ出すのはもったいない。

気を取り直して、うんでもすんでもない天板の端に棒をあて、
棒の端を金槌で軽く叩いてみた。

こっつん。

あっけなく、天板が動く。おお、よかったと引きはがしかけて手が
とまった。……な、なんか、くっついてますけど?!

そう、じつは手持ちのPCは、参考にしたサイトのPCとは違い、天板に
ライトがつく仕組みだったため、基盤がくっついていたのだった。
うわー、めんどくさー。でも、外せそうな感じ。うん、外そう。

これでようやく、天板まで外せて、さあ、お次はリアカバーと
フロントカバーだ。こちらも、少々分かりづらいところに
突起があったりするのだが、なんとか完了。
……ただし、2カ所の突起を折ってしまうおまけつき。
そのうえフロントカバーにも本体からのラインがつながっている。
──ハンダづけしてあるっぽい見た目だし、これは手を出せない。
というより、出したくもない。
ので、つながったまま、とりあえずずらしておくことに。
PC01.jpg
こうしてまるっと躯体が出てきたところで、さ、DVDドライブを外せば
いいのね、とネジを回して、ぐぐぐいっとフロント方向に押し出してみる。
と、そのとき。
半分ほどずれたDVDドライブの下から、マザーボートとリチウム電池が
顔を出したではないか。
PC04.jpg
思わず歓声をあげましたですよ、あてくし。
なんといっても、この時点でもう、1時間ほどかかってましたから、
ほほほほほ。

なんとかボードまで取り出さずに電池交換はできそうな気配。
慎重に、伸ばしたゼムクリップの端を差しこんで、古い電池を外しとる。
うむ、よし。おなじ型のぴかぴか電池をぐいと押しこんで、おお、完了!!!

すーばーらーしー、と自画自賛して、あとはまた元どおりに蓋をすれば
いいわけなのだが、しかし。
気になる場所が一箇所あった。それは、ここ↓。
PC02.jpg
おっそろしく汚れている気配がする。
ためしに綿棒をとってきて差しこんでみれば、裏側からもっけもけの
黒埃がぼろぼろと落ちてきた。

日ごろ、室内で使う扇風機の汚れかたを考えるにつけ、8年以上ほったらかしの
PC内ファンが集めた埃は、さぞかし大量に溜まっていると思われ。
ここはやはり、掃除しておくべきだろう。

というわけで、ドライバーを手にとり、ファンを外した。すると案の定の汚れっぷり。
PC03.jpg き、きたにゃい……。

周りのボードにかからぬよう、ティッシュでカバーしながら綿棒で落とし、
さらに掃除機で吸い取ってみた。
ファンのほうもできるかぎり綺麗にする。うむ、すっきり。

あとは戻すだけだから簡単ね、と思ったのは甘かった。
不器用が祟って、どうにもうまくカバーを嵌めこめず、30分以上汗を
かいてしまった。ただ元どおりにするだけなのに、いったいなぜ……。
おまけに、とちゅうでどことも知れない突起が割れて落ちてくるし、
いったいなんなんだ。

しかし、とにかくリチウム電池の交換はできたのである。
偉かったのである。
これで新しいPCを買おうと思えば10万円の出費はかたいところ、3時間の
消費ですんだのだ、よしとしようではないか。

あとは動けばいいのだが、とあれこれ挿しこみなおして電源を入れた。
OK!
すばやく立ち上がるも、BIOS画面があらわれる。そりゃ、電池が切れてれば
毎回初期設定になってたはずだものな。

設定しなおしたうえ、昨日買ったテンキーももれなく活躍させてBOOT画面
もいじって、こうしてぶじ、ブログまで更新できている。

今日の満足度はかぎりなく高い。──が、白状しておくと原稿はいっこうに
進まなかったので、差し引きはかぎりなく0に近い。うう。

とりあえず、明日からは心おきなくノートPCで原稿、こちらのPCでは
必要な通信をこなせばよろしい。さ、晴れ晴れとがむばろう♪

ところで、本日使った道具写真も、ついでに。
PC06.jpgPC05.jpg
コゲ吉保護の折も活躍してくれた、登山用LEDライト。相方のもの
なんだが、じつに使える。隣のブラシは、かの「江戸箒 老舗 白木屋傳兵衛」で
購入したもの。こまかな埃をかきとるのに便利。
スポンサーサイト
さきほども、記事をアップしたばかりですが……。

わがことに追われて、大切なことをブログに載せていませんでした。
もう〆切当日になってしまったのですけれども、記しておきます。

先月から募集されていた、環境省による動物愛護法改正に関する
パブリックコメント(意見)の募集
について。

数多くの有名ブログ、あるいはtwitterで触れられてきたので、
たぶん、ご存知の方も大勢おられ、また、とっくに送付またはFAX、メール送信を
済ませておられる方も多いかと思います。

わたしが意見募集を知ったのは、今月半ばのことでした。
人気ブログ「くるねこ大和」の14日記事で気づき、いろいろ調べて内容を把握。
ですが、下書きを書いたままデスクトップに置いてしまって、パソコンの調子が
悪いことに気を取られていたのでした。
送信したのはつい、さきほど……。

今日はもう、〆切当日のことですし、添え書きの域を出ないと
悔やんではおりますが、それでも──。

募集要項は、以下のとおり。(PDFファイルです)
[PDF] 【意見募集要領】 - 環境省
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17981&hou_id=14069

詳細は、以下のところで分かりやすく伝えてくださっています。
「One Action for Animals」
https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment

「5年に1度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ」
http://jbbs.livedoor.jp/news/5403/

また、「日刊イトイ新聞」でも、できるかぎり簡潔に、要点をまとめて、
意見が出しやすいよう心を配った記事がUPされています。
http://www.1101.com/george/index.html
また、名前や住所等の必要事項を書き込めばすぐに出せる
PDFファイルもまとめてくださっています。
内容をコピー&ペーストでメール本文に移しこめれば、気負いなく
送信することもできそうです。

愛護法の案文は目を通すのにも時間がかかりますし、それに対してどのように
意見を書けばよいのか、という分かりづらさもあり、つい億劫になったり
腰が引けたりしてしまうのですが……。

幸い、心ある方たちがさまざまに、わかりやすいフォーマットや
実際に送った例文を載せてくださっていて、参考にすることができました。

それらは、上記のリンク先ですべて見られます。
また、「あとは□欄にじぶんでチェックを入れるだけ」のフォーマットを
作ってくださった団体もおられ、そちらも上記リンク先の記事内で見ることが
できます。

たぶん、早い方なら、30分~小一時間でまとめられるのではと思います。
念のため、いくつか気をつけなくてはならないことを注記しておきます。

◆件名は
 「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見
 とすること

◆本文の最初に、住所・氏名・連絡先・メールアドレスを記載すること 

◆「添付」は不可。パブリックコメントは、メール本文に
 書かなくてはならない

※なお、携帯メールは届きづらいとの情報もあるようです。


さまざまな媒体を通して知るかぎり、日本は動物愛護の観点からは
「後進国」といわれてもやむを得ないのでは、と感じることが、これまでに
何度となくありました。
わずかながら、前進する一助になれるチャンスを、ひとりでも多くの
方が活かせますようにと願っています。
落とし穴     2011.08.26
雨ですね。

前回記事でも触れましたが、9年もののPCの不調をなんとかクリア
できないものかと、原稿書きの合間を縫って、もろもろ調べては
ソフトを購入したりいぢったりこねくったりと続けてきたのでありました。

や、なんかもう、なかば意地とでもいうのか、なんとかもう少しってんで
やってるうちに、毎回毎回BIOS画面で設定要求されるようになり、
立ち上がるのに1時間弱かかるありさまからちっとも脱却できずじまい。

外付けHDDとの相性をあれこれしたり、パーテーション拡げたりしたのに
BIOS設定ですかい? と首をひねって、どうやら「BOOT画面でHDDを最上位に
もってくりゃ問題ないんぢゃないか?」ってとこに辿りつき。
よっしゃってんでそれをしようとしたら、ですね。
その時に初めて気づいたんですよ。
おいら、数年前にキーボードをテンキーなしのちっこいのに変えてたってことに。
でもって、BOOT設定を変えるためにゃテンキーが必要なんだってことに、
まさにそのBOOT画面を前にして気づいたってわけで。

が~~~ん。
だってテンキー、めったなことぢゃ使わないんだもん……。
エクセルだって数字キーで用が済むしさ、ぶつぶつ。

そんなわけで本日、出るついでがあったので、大雨の中、有楽町ビックカメラに
立ち寄りましただよ。
780円のテンキーをほくほく手にして帰ってきて、でも、戻ってからふっと
「なにかおかしい」と勘づいたわけで。

だって、調べてもHDDには問題ないって出てくるし、いくら外付けHDDと相性が
悪いったって、毎度毎度BIOSの設定をしなおさなくちゃならないのは
おかしいぢゃありませんか。

むー。設定自体が保存されない、その理由はなに? と調べていて、
思いがけない可能性を発見しました。
それは、「マザーボードの電池切れ」。

うわー。そ、そんなものあったのでつか???

パソコンに詳しい人なら、なにを今さらってんで大笑いでしょうけど、
いやその前に、ここまで来る時点でそこに思い当たるんでしょうけど、
やー、今日の今日まで、マザーボードにリチウム電池が組み込まれている
事実に気づきもしませんでした、はい。
おおいなる落とし穴、もとい、盲点だったなあ。

そもそも、電池切れになるほど使ったことなかったし、パソコン。
それも、もろもろ評判のあるSONYのVAIO……。
(とはいえ、VAIOとはたいへん相性がよろしく、この前の機種でも6年は
確実に使ってました)

というわけで。

せっかくなので、人生初の筐体分解にも、挑戦してみることといたしました。
PC自作とかする人には児戯に等しいことなんだろうなあ。と思いつつ、
すでにどきどきしちょります。
明日、やってみて、「なんだ、かんたん♪」と思うのか、「あああ、
これ、どこに入ってたんだ?!」とパニックになるのか。

幸い、おなじシリーズを分解した方が親切な図解写真をネットで
公開してくださっているので、勇気を持ってやってみようと思います。

これでまた、しばらく不通になるやも知れぬため、つい最近撮った
ユキ姫の写真なぞを、ぱらりと。
ユキあざらし 
こういうアザラシを知っている……。
ぽちゃユキ「……なにか?」
いえいえ、なんでもありません。

ではまた、しばしのご無沙汰を。
仕事メールはすべて携帯に転送されてますんでご心配なく──。
震災から5カ月     2011.08.14
気づくと立秋も過ぎて、残暑というには厳しい気温に耐えながら
冷房なしの日中を過ごしている。
風通しがかなりよいので、汗ばみながらもなんとかしのげるのだ。
……なのに、たいてい夜がいけない。
運河からたちのぼる湿気もあるのか、いっきに湿度が上昇して、
どうにも耐えられずエアコンのリモコンに手が伸びる。
ふつう逆だよなあ。と思いながらも、どうにもこうにも湿気に弱い
おのれを自覚する。

そうこうするうち、3.11から、5カ月がたった。

自身の生活は以前の日常に近くなっているものの、NHKスペシャルや
ニュース番組で淡々と流される(だからこそ胸に迫る)被災地や
避難所、あるいは仮設住宅地での現実にいたたまれない思いをするのは
かわりない。

まめにチェックしている、現地の被災動物救援シェルターでは、
いまも数多くの動物たちを抱えて人手不足・資金難・物資不足が
つづいている。
毎月中~下旬に1度、こつこつと物資あるいは資金の応援を続けては
いるが、きっと当事者からすれば焼け石に水だ。
それでも、やらないで悔やむよりは動いたほうがいい。
そう、信じるほかはない。

ところで、このところ。

4にゃんは元気に過ごしており、じぶんの体調不良も復活してきた。
入れ替わりで、9年目に突入したこのPC(確認したら2003年2月に入手してた)
がたいそうお疲れ気味で、なにしろ立ち上がりたがらない。
なんというか、忍耐と気合とタイミングが必要な日々が続いている。

うまく立ち上がる都度、外付けHDDにデータを写したり・移したり、
とにかく整理したり掃除したりを重ねて、いよいよ今日・明日中にも、
人生初の「パーテーションの仕切りなおし」に挑戦予定。
かなりどきどきしている、というのが正直なところ。

まんいち失敗してしまった場合、原稿書き用のノートPCをメインに
設定しなおすには、そうとうの時間がかかると思われ。
──なんたってあちらは、無線LANだものなあ。
9年前に有線LANで設定したルータやモデム、キーやパスワードををどこに
メモしたかも定かではないのに(そのうえ、どういうポート設定をしたのか
記憶にない)、いまさらいじれるのかなあ、と半ばひとごとの遠い目状態。

その節には、またもや長のご無沙汰になってしまうかも
知れないことを、あらかじめお伝えしておく所存です、はい。

これは先日、冷房も効かないほどの暑さにうだりながら取材に行った
おりに、帰りの車内で撮った夕方の空。
夏の空
日中は積乱雲がもくもくと湧き上がり、蝉の声が時雨どころか
しのつく雨のように降り注いでおりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。