スポンサーサイト     --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くっきりはっきり。     2010.11.11
相方は寝言をいう。
それも、はっきりくっきり、ときには20字×40行クラスの長文をこなす。
耳にしたほうは「……ああ、いま会議中なのね」「たぶん怒ってるのね」
などと思いながら、寝言でつかの間破られた眠りに、また入っていく。
そんな次第で、内容までは記憶にない。
たいがい翌朝「昨日のはえらく長かった」とか、「強く演説してた」と
いった印象のみ、伝える程度である。

今朝方、ちょうど猫に肉球で額を叩かれて目を覚ました折に、相方が
言った。
「ゴギョウゴカクか、やっぱりな」
めずらしく短かったので、印象に残った。
猫たちに早朝ごはんを配ってから、二度寝。
次に起きたときにも、まだ憶えていた。

起きてきた相方に意味を尋ねるも、首をかしげるばかり。
なんだったのか、ゴギョウゴカク。
謎の生命体か、はたまた修験の道のりか。
あるいはわたしの聞きまちがえ、か……?

いちどICレコーダーをつけっぱなしで寝てみると面白かろうと
思いつつ、思うだけで実行せずに、本日で結婚20周年目を迎えた。

合言葉は「よくもったよねえ。わたし(オレ)のおかげだね」。
けして、相手のおかげとは口にしないふたりである。
-------
風太の寝言はめずらしい。つい先日、耳元で幼い女の子のような声が
したので驚いた。椅子の上で寝ていた風太だった。……「中に女の子」疑惑。
IMG_1979.jpg
スポンサーサイト
アホである。     2010.11.02
つい数日前の、烈しい風雨にさらされた週末のこと。

冷蔵庫になにもなくて、やむを得ず夕食の食材を買いに
出たのだった。
ついでに相方に頼まれたものもあって、ふたつのスーパーを
行ったり来たり。
ようよう、家の近所のコンビニまで戻ってきた。

そうだ、重い牛乳をここで買い足しておこう。
そう思って、牛乳パックをレジに置き、財布を出そうとしたら。
ない。ないのだ。
食材の下敷きになってしまったのか(よくある)と、
場所をかえてエコバッグの中身を取り出しても、ない。
上着のポケットをすべて確認しても、ない。
こ、これは。生涯初の財布落とし……!
鍵を落としたことがあっても、手帳を落としたことがあっても、
手袋を落としたことがあっても、財布だけは落としたことがない。
ごくささやかな自信だったのに。

しかもよりによって、銀行やクレジットのカード類すべて入った
ものを、ぼうっと持ち出してきたのだった。

外はさらに烈しさを増した風雨。
こんな中、歩いた道を辿って戻って、はたして見つかるのか。

いったん牛乳は預かってもらい、食材の入ったエコバッグを
背負いなおす。
半泣きでよろよろと家に戻った。
ひとりならもう少し冷静に判断しただろうが、なまじ相方が
在宅したので、存分にパニクる。(ええ、要は甘えたわけです)
あきれかえった相方が、とりあえず最後に立ち寄ったスーパーの
電話番号を調べてくれた。
さっそく電話。尋ねてみればあっさりと、「お預かりしております」。
…………しばし、放心。

こんどは雨合羽を着こんで、ふたたび雨の中、財布を取りに
行ったのだった。そんな夜。
IMG_1494.jpg かあちゃん、アホすぎ~~
なんとでも云え。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。