FC2ブログ
案内係として、行ったことのない地に脚を運べるのはありがたいこと。
というので、初めての水戸は偕楽園へ。縁戚関係、総勢7名にてそぞろ歩く。
小春日和と呼ぶには暖かすぎるほどの陽射しに満開の梅が映えて、
みごとな景観に頬がゆるむ。
09021501
偕楽園内を、黄門様ご一行が回遊中。観光客の求めに快く応じて、一緒に
写真におさまってくださる。
09021502 気さくな黄門さま。
09021503 ぢつは三組も!

混雑につき、あいにくとのんびりは出来なかったのだが、これはこれで
よかったのではなかろうか。と、往復数時間のドライブから戻った翌日の夜。
マトリョミンレッスンにて、貢物に目を瞠る。
その名も「山吹色のお菓子」!
090216
「お主もワルよのう」というお決まりのセリフが、英語判の栞にも
堂々と描かれていて、一同おおいに盛り上がる。
「越後屋。お主もワルよのう」「いえいえ、お代官様こそ……」
ああ、水戸黄門ワールド。(なのか?)

いやあ、Tさん、素晴らしい献上品をありがたふござります。
百両分を抱きしめて帰り、伏し拝みつついただいた。美味。
そうそう、偕楽園の日は、16,647歩を歩いたようであった。
スポンサーサイト



アルクノダ。     2009.02.17
先週から、身内が10日ほどの予定で滞在中。案内を兼ねて出歩く機会が
増えるので、「せっかくなら」と歩数計入手を思いつく。
機械の進歩は空恐ろしい。知らぬ間に、ハイセンスだのヴィヴィッドだの、
およそ歩数計とは無関係に思える横文字形容詞が画面上で踊っている。
ラインストーンでコテコテに飾られた歩数計っていったい──。

狙うのは「着物のとき懐中時計代わりにもなるもの」。
てなことで、それは小さな歩数計を手に入れた。
090216 
SEIKOスリムスティック、幅 64.4 × 高さ 20.0 × 厚さ 8.9 mm。
帯板あたりに、すっと立てたまま挟めばよろしい。ありがたや。
ついでに、いまどきは歩数で「仮想旅」ができることも知る。
歩数計によっては、直接パソコンと交信できるものもあるのだが、
あいにくわたしの持つ歩数計はそうした機能がない。そこで
健康ウォーキング」なるサイトに登録。東海道約495kmをどれくらいの
日数で完歩できるのだろう……?